英語学習

外国人の友達をアプリを使って作る方法!無料で簡単にできる!【Hello talk アプリ】

英語を話したいんだけどなかなか上達しない。。。
いっそ外国人の友達がいたらな~・・・

そんな悩みにお答えして、今回は僕が実際にアプリを使って外国人の友達を作った話とその方法についてご紹介します!

 

実は僕も以前まではそんな風に考えていました。

 

だって日本語を話せるネイティブの友達さえいれば英語学習なんてめちゃめちゃ簡単そうですよね♪

 

わかる部分は英語で会話したり、わからないところは日本語で会話したり、日本語で丁寧に教えてもらったり!

 

こんな夢のような状況憧れませんか?

 

実は現在の僕がまさにそんな感じです!

 

では、本記事では、どうやって僕が外国人の友達を作ったのか?そして実際にどんな会話をするのか?どんなポイントで困ることがあるのか?

 

などなど、実体験に基づいてご紹介していきます!

 

それでは行きましょう!

 

 

外国人の友達をアプリを使って作る方法!無料で簡単にできる!

アプリがあれば外国人の友達はすごーく簡単に作れちゃいます♪

 

先に結論からお話しすると、僕は友達作りに使ったアプリは「Hello talk」というアプリです。

 

このHello talkといいうアプリのように最近では外国人と交流できる様々なアプリがあるのでとっても便利です♪

 

ではHello talk使って、僕がどうやって友達を作ったのかをご紹介します!

 

Hello talk とは?

 

まずこのアプリは無料で使うことができるアプリです。

 

そして、アプリの利用者は日本人からアメリカ人、イギリス人、中国人、ブラジル人、などなど世界中の「他国の言語を学びたい人」がたくさん集まっています。

 

なので自分が学びたい言語と、相手の学びたい言語が一致していればWIN-WINになるので、友達になりやすいです。

 

Hello talk の使い方

今回はざっくりとご紹介します。

 

アプリでは、日本人も含めてたくさんの人が毎日のように投稿をします。

 

イメージとしてはSNSと同じ感じでしょうか。

 

例えば今学習している言語で日記のように文章を書いて投稿をします。

 

その投稿に対して、関心を持った方や優しい方がコメントをしてくれるので、そこで少しずつ他の方と距離を縮めていくことができます。

 

友達を作るために抑えるべきポイント

基本的には学習をしている言語をひたすら投稿をすることで問題はありませんが、やっぱりそれだけではなかなか友達は作れません。

 

✔友達を作りるために抑えるべきポイントは以下です。

ポイント

・プロフィール画像は、できれば自撮り画像などを使う。
・自己紹介文では自分が言語を勉強している理由と、自分と友達になったら時のメリットを記載する。
・自己紹介のところで、音声での自己紹介も載せる(日本語で可)
・投稿をアップする時は、日本語学習者が興味を持つような内容がベスト。

 

一つずつ見ていきましょう!

 

プロフィール画像は、できれば自撮り画像などを使う。

まず画像について。

 

特に必須というわけではないのですが、やっぱり顔がある程度わかるほうが興味をもってくれる感じがあります。

 

ここでの目的は「友達を作ること」なので、やはりどんな人かもわからないようでは、あんまり友達になりたいとは思わないですよね?

 

このあたりがSNSとの違いですね。

 

自己紹介文では自分が言語を勉強している理由と、自分と友達になったら時のメリットを記載する。

これも必須ではありませんが、勉強している理由がわかると相手への関心も高まるので、記載しているとGoodだと思いました。

 

そして、友達になったときのメリットですが、これは「あなたに日本語を教えられますよ♪」ということも記載していると、少し安心感が増します。※例えば I can help practice your Japanese.(日本語の練習を手伝えるよ)など。

 

こっちが不安なように、相手もやっぱり不安なので、しっかりと安心感を文章で表現しましょう!

 

自己紹介のところで、音声での自己紹介も載せる(日本語で可)

こちらも必須というわけではありません。

 

ただもし自分が友達を探す場合、声がわかるとちょっと安心しませんか?

 

同じように相手も声がわかったほうが安心してもらえるので、向こうから声をかけてくる可能性があがります♪

 

ちなみに文章はまだし英語安静で自己紹介を上げるのはとてもハードルがあがるので、日本語で十分です!

 

僕は日本語で自己紹介音声をアップしています^^

 

 

投稿をアップする時は、日本語学習者が興味を持つような内容がベスト。

アプリで投稿をアップする時は、できるだけ日本語学習者が興味のありそうな内容(例えば日本の文化やアニメなど)を選びましょう。

 

アプリを使っていて感じたことですが、投稿に対して日本人はたくさんコメントをするのですが、海外の方からのコメントは比較的少ないように感じます。

 

それにはやはり共通点があって、だいたいが「自己満足な投稿」になっている場合が多いです。

 

日本人同士でのツイッターなどの投稿もそうですが、やはりどこか自己満足な投稿を挙げても誰も興味はありませんよね(笑)

 

例えばちょっと例を挙げると

・今日のご飯は○○を食べました!(日本にしかない食べ物)
・最近こんなアニメにはまっています!(日本のアニメ)
・今日テレビでこんなニュースがありました!(日本特有の文化背景があるニュースなど)

ちなみに画像があると、より興味を持ってもらいやすいです♪

ちなみに僕は毎回、好きな日本の音楽を投稿に載せていました!趣味が一致しているとコメントしてもらいやすいです♪

 

 

アプリで友達を作る際の注意点

アプリで友達を作る際は以下のことに注意したほうがいいなと感じました。

・アプリでは位置情報はオフにしておいたほうが安心。
・お互いの語学力のレベルのバランスが大事。
・時差があることを念頭に置いておく。

 

順番に見ていきましょう!

 

アプリでは位置情報はオフにしておいたほうが安心。

外国人のアプリ利用者の中には、日本国内に住んでいる方もたくさんいます。

 

アプリの位置情報はそこまでしかっり位置がわかる機能にはなっていませんが、それでもオフにしていたほうが安心ではあります。

 

あくまで仲良くなったら場所を教えるくらいでいいかもしれないですね♪

 

お互いの語学力のレベルのバランスが大事。

友達になる場合は、お互いの語学力のレベルのバランスが非常に大切なポイントです。

 

探していれば日本語の勉強のために「電話をしたい」「チャットをしたい」と言っている方はたくさんいます。

 

ですが、みんながみんな日本語を話せるわけではありませんのでご注意ください。

 

どちらかというと日本語を話せない方のほうが多いと思います。

 

ちなみに僕の友達は日本語がとても上手です!

 

投稿でかなり日本語を使っていたので、そういったところでも判断できるかもしれないですね^^

 

時差があることを念頭に置いておく。

海外在住だと必ずと言っていいほど時差があります。

 

例えばアメリカの場合は、日本とはだいたい-16時間の時差があり、イギリスの場合はだいたい-8時間の時差があります。

 

また、台湾やフィリピンはかなり時差が少ない地域になります。

 

友達になると電話をすることが多くなりますので、時差を考慮してお互いに負担のないところで連絡がとれるのかといったところも大切なポイントです^^

 

僕の友達について少し紹介

僕の友達は、アイルランド在住の女性ドクターです。

 

アイスランドなので、時差はほぼピッタリー8時間です。

 

ほぼ毎日電話していますがお互いにあまり負担はなさそうです。

 

電話している時間帯は、日本時間で朝の6:30~7:30(アイルランド時間で夜10:30~11:30)と夜の8:00から9:00(アイルランド時間で昼12:00~13:00)の時間帯です。

 

彼女はアイルランド在住とは言え、オーストラリアも含め多くの国に住んでいたようで、ブリティッシュイングリッシュのような訛った感じもないように感じます!(多分ですが笑)

 

最後に

英語を学ぶには友達を作ることがすごく手っ取り早いんじゃないかと僕は思います。

 

結局はコミュニケーションですから!

 

しかもひと昔前とは違い、ネット回線さえ繋がっていれば正解の端っこから端っこの人ともコミュニケーションがとれちゃいますから!

 

みなさんもがいこく人の友達を作る際は、ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは★

-英語学習

© 2021 積み木'S NOTE Powered by AFFINGER5