English

効率的に英語力を基礎固め!大人のおススメの勉強法!厳選参考書⑤選

こんにちは!

英語の勉強をしたいと一年発起したものの、どうやって勉強をしたらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

書店へ行けば参考書はたくさんあり、いったいどの参考書を選べばいいのやら。。。

しかも社会人ともなると普段の仕事が忙しく、限られた時間の中で効率よく学習をしていきたいかと思います。

本記事では、そんな忙しい方や効率的に学習をしていきたいという方に向けに、おすすめの勉強方法とおすすめの参考書をご紹介していきます。

効率的に英語力を基礎固め!大人のおススメの勉強法!

社会人となると忙しいので、効率的に勉強をしていく必要があります。

そんな一日何時間も勉強のための時間を割くのはなかなか難しいですよね。

じゃあどうやって効率よく勉強をしたらいいのでしょうか?

僕がここまで勉強をする中でわかってきたおススメの勉強方法は以下です。

✅長めの文章のリーディング+リスニング+スピーキングをひたすら繰り返す。
✅毎日短い文でいいので英語で日記を書き、スピーキング練習をする。(可能であれば録音をする)

以上の2点につきることに気が付きました!

具体的にどうゆうことか解説していきます。

英語習得するために抑えておきたいポイント

いろんなところで言われていることですが、英語学習をする上で重要なことって結局

どれだけ多くの英語に触れたか?そしてどれだけ多くの英語を話したか?

ということなんだなって最近になってすごく理解できるようになりました。

つまりどうゆうことかというと、すべてが

✅長めの文章のリーディング+リスニング+スピーキングをひたすら繰り返す。
✅毎日短い文でいいので英語で日記を書き、スピーキング練習をする。(可能であれば録音をする)

に集約されているんですよね。

ポイントはこんな感じです。

「長めの文章のリーディング+リスニング+スピーキング」

・リーディング力を鍛えることができる。
「読めないのに話せるor聞けるわけがない」→逆に言えば、読めれば理解ができる。

・ボキャブラリーを鍛える事ができる。
「ボキャブラリーがないのに話せるor聞けるわけがない」 →逆に言えば、ボキャブラリーがあれば、理解できる。

・リスニング力を鍛える事ができる。
「聞き取れないのに、会話ができるわけがない」→逆に言えば、聞き取れれば会話が理解できる。

・スピーキング力を鍛えることができる。
「話せないのに聞き取れるわけがない」→逆に言えば、話せれば聞き取れる。

・長文の中で、単語のコアイメージを掴むことができる。

おすすめは単語学習+音声データ付属(アプリなど)の和訳のついている長めの文章が掲載されている参考書です!

短くていいので日々の英語日記を書く

おススメの参考書⑤選

それではここから、僕が勝手に良いと感じた基礎固めのためにおすすめの参考書をご紹介します。

参考書選びのポイントとしては、前の章でもお伝えしたように、以下の3点に重点を置いてご紹介していきます。

①「単語学習にも特化している」
②「音声データ(CDやアプリなど)がある」
③「ある程度長めの文章になっている」

それではいきましょう!

おススメの参考書①速読速聴・英単語シリーズ

おススメの参考書②つきっきり英検シリーズ

おススメの参考書③文で覚える単熟語シリーズ

おススメの参考書④

おススメの参考書⑤

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tsumiki

これまで転職を5回経験し、物販を軸になんとか生きている人生詰みまくりの35歳フリーランス(歴→現在3年目)
        
➡転職経験~フリーランス経験からくる数多くの失敗経験や発見を発信していきます。
少しでも同じ悩みを持つ方たちの参考になりますように☆

✅現在フロントエンドエンジニアへの尽きない魅力を感じ再燃。
WEBデザインナー/フロントエンジニアを目標に定めオンライン型スクールにて一から学習のし直し中
→2023/1月~
        ✖
✅英語習得を目標に学習中
→(現在2年目)

-English

© 2023 ツミキブログ Powered by AFFINGER5